FP技能士@ファイナンシャルプランナー資格試験 一発合格への羅針盤

FP技能士@ファイナンシャルプランナー資格試験 一発合格への羅針盤

 FP技能士@ファイナンシャルプランナー資格試験 一発合格への羅針盤では、わかりにくいFPの資格の種類から、各資格試験の学習方法などを解説しています。資産運用の提案ができるスペシャリストとして、平成15年にFP技能士として国家資格化され、さらにあなた自身の生活にも非常に役に立つ内容のため、非常に人気のある資格へと成長していきました。経済状況が悪化している昨今、自分自身の金融知識を高めようという意識が日に日に高まっています。

 近々コンテンツをまとめて掲載開始いたします。今しばらくお待ちくださいませ。

FP技能士・ファイナンシャルプランナーで何をまなぶことができるのか

 FP技能士・ファイナンシャルプランナーでは年金関連などのライフプランニング、不動産取引での法律や税金などの不動産知識、生活に関わる税金のタックスプランニング、相続などの相続・事業承継、貯金や株式投資などの金融資産運用、保険などのリスク管理など、どれもが私たちの生活に密着した金融についての知識を学ぶことができます。

 資格を生かして仕事をする、というだけでなく、ご自身の金融知識の底上げにも十分役に立ちます。

この資格取得をきっかけに、どのような仕事に就けるのか

 大きく分けて2つあり、銀行や郵便局、証券会社、生命保険会社の金融機関や、不動産仲介・分譲会社に勤務する「企業系FP」と、自ら事務所を持ち独立自営する「独立系FP」がある。ただし、後者の独立系FPの方は、他の資格(公認会計士や税理士)を持っている方が多い。